セックスレスが離婚の原因?女性から男性を理解することも大切

今ほど女性が自由になった時代はない

今では男性と女性が離婚することは決して珍しくありません。
それゆえ世間から白い目で見られるということも少なくなりました。
昔に比べたら女性がどれだけ自由な存在になったのかということを端的に表している現象といえるでしょう。
離婚の原因は人それぞれですが、少なくとも男性と女性という関係をうまくやっていけそうもなくなったから離婚するのです。

セックスが原因で離婚することも多い

お金使いが荒っぽいとか、お酒をたくさん飲んで暴力を振るうから離婚するというケースも少なくありません。
しかし、「これも離婚の原因になるのか」というものの中に「セックスレス」があります。
男性の性機能不全を原因とするセックスレスが最近は多くなってきており、女性の力だけで解決できないということから離婚に至るというケースも少なくないのです。

女性から男性のことを理解することも大切

性機能の衰えや不全というのは男性が一人で抱え込みやすい問題です。
「セックスをしたい」ということを伝えても、男性が乗り気にならないときというのは大抵男性が性機能の不全を黙っているというケースです。
「どうして私とセックスしてくれないの」とか「私のことを嫌いになってしまったのだろうか」と考える前に、まずは旦那さんの様子をうかがってみましょう。
普段の時には決して悪い態度を見せることはないにもかかわらず、セックスの時だけ猛烈に拒否するというのであれば性機能の不全が疑われます。
男性はこうしたことを女性に知られることを恥ずかしがりますから、女性の側から男性を理解してあげることが欠かせません。

夫婦力を合わせてご無沙汰を乗り越える

皆さんの旦那さんはこうした様子を見せていないでしょうか。
「そういえば最近ご無沙汰しているけれど、本当はあの人の性機能が衰えてしまったからなのではなかろうか」と考えてあげることが必要です。
本当にそうだとしたら、一緒に力を合わせて治療を進めていきましょう。
決して治らない物ではなく、一時的な症状に過ぎないケースも多いですから深く悩みすぎる必要は有りませんよ。